心療内科で気持ちを整理する 

気持ちが病気というのは、何かしら心の中が整理出来ていない状態です。心療内科では、そういう状態にある人たちの声を聞きながら、改善策を考えていきます。一番大切なのは、医師と患者の相性です。対話が治療の主体となるので、相性が悪いと治療が進みづらくなります。心療内科では医師と相性が合わなければ他の医師に変えてくれる場合もありますから、今の先生だと話しづらいと感じたら看護師か医師に相談してみると良いでしょう。

エステのモニター情報