インプラント治療の歴史 

インプラントの歴史は実は古く、ローマ時代の紀元3世紀頃に鉄製の人工歯が埋まっている人骨が発見されています。確実な治療法になったのは比較的最近で、1952年にチタンと骨が結合することが判明し、1965年にスクリュー形状のチタン製インプラントの臨床応用が始まりました。1980年代に入り、骨と結合するチタン製人工歯根の臨床成績が優れていることが世界的に知られるようになり、広く治療に用いられるようになりました。今も人工歯根は絶えず進化を続けており、臨床結果もさらに向上しています。

最新のインプラント治療 

インプラントは自分の歯のように噛めると人気ですが、手術が必要になり、腫れや痛みが出ることがありました。そこで、骨に小さな穴を開けて、その穴を押し広げることで、ドリルを使用しない治療法が登場しました。インプラント術後の痛みや腫れも劇的に改善され、患者さんの負担も少なくなりました。骨の量が少なくて、今までのの治療法では手術できなかった症例も、この方法を使うことで治療が可能になることもあります。骨が硬いときには、押し広げることができないので、適応外になることがありますが、新しい治療法として注目されています。

エステのモニター情報